石垣島ナビ 〜沖縄県石垣島の観光・ホテル・ダイビング・ツアー・ショップ・予約・レンタカー等の総合情報〜 Ishigaki-jima.com
石垣島ナビ
HOME ホテル ダイビング ツアー レンタカー ショッピング


名蔵アンパルについて

石垣島にある大きな河川といえば宮良河です。この宮良河の河口域には、国内最大の面積をもつといわれるマングローブの林が広がっています。2005年に西部の名蔵アンパルは、ラムサール条約に基づき、保護すべき貴重な湿地として登録されました。

ラムサール条約とは、1971年に制定され1975年に発効された湿原の保存に関する国際条約です。ラムサール条約の目的は、水鳥にとって貴重な生息地である湿地の生態系を守ることで、日本語での正式な名称は、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といいます。

「ラムサール条約」という通称は、この国際会議が最初に行われた場所である、イランの都市ラムサールから取られました。登録には、まず締約国が対象となる重要な湿地を指定し、その後指定された湿地がラムサール条約の登録基準を充たしていると認められれば、事務局の登録簿に登録されます。

締約国が行うべきことは、指定した湿地の適正な利用と保全の計画をまとめ、そして実施していくことです。日本は、1980年に釧路湿原を候補に加入しました。

日本での取り組みはどのようなことが行われているのでしょうか?

まず、指定される湿地を鳥獣保護区特別保護地区にし、さらに植物の採取、埋め立てなどの開発から保護する、などの色々な対応策をとっています。

1980年以降、締結国による会議は定期的に開かれており、2005年現在では147国が締結しています。登録されている湿地は1,524になります。2005年11月8日に開かれた第9回締約国会議では、追加の登録が発表されました。日本でも登録地が20か所追加され、合計33か所に増えました。

 

■石垣島についての基本情報
石垣島への移住
石垣島の日常生活
農業と畜産 気候 地勢 自然
■観光スポット
オヤケアカハチの碑 名蔵アンパル
西表石垣国立公園 川平湾
唐人墓 於茂登岳
野底マーペー 竹富島
石垣島天文台  
海についての知識と情報
白保サンゴ礁 サンゴ礁
マングローブ マンタ
海でのマナー
石垣島を理解する上で・・
琉球王国 泡盛
戦争マラリア  
ネットショッピング通販
稲福の石垣島ネットショップ
石垣島ショッピングプラザ
石垣島ヘルシーバンク
おきなわんもーる
■格安ツアー
石垣島ツアーランド
リポート
子連れ石垣島旅行記
 
 



Copyright (C) Ishigaki-jima.com. All Rights Reserved.

関連
リンク