石垣島ナビ 〜沖縄県石垣島の観光・ホテル・ダイビング・ツアー・ショップ・予約・レンタカー等の総合情報〜 Ishigaki-jima.com
石垣島ナビ
HOME ホテル ダイビング ツアー レンタカー ショッピング


マングローブについて

国内最大の面積をもつといわれている宮良川河口のマングローブ、2005年にラムサール条約に基づいて登録された名蔵アンパル、これらは保護すべき貴重な湿地として世界的にも認められています。

ではマングローブというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?

マングローブというのは、熱帯から亜熱帯地方の河口域にある海水の流れ込む湿地に生育する森林のことをいいます。別の名称で「紅樹林」「海漂林」とも言われています。「マングローブ」と言葉は「森林全体」を意味する場合と、森林を構成している個々の「種」を意味する場合があります。

混乱を防ぐために、「森林全体」を「マングローブ林」と呼び、個々の「種」を表す場合は、「マングローブ植物」と呼び使い分けされています。また、「森林全体」を表す場合を「マンガル」、「種」を表す場合には「マングローブ」と表すこともあります。

マングローブの生育地域には、東南アジア、インド沿岸、南太平洋、オーストラリア、アフリカ、アメリカなどがあり、日本では、石垣島を含む沖縄県と鹿児島県に生育しています。

環境破壊が進む昨今、環境のバロメーターともいえるマングローブを、いまこそ積極的に保護すべきなのではないでしょうか?。

では、日本のどこでマングローブをみることがきるでしょうか?

もっとも北でみることができるのは、九州の南端、鹿児島県喜入町にある、メヒルギ群落だといわれています。特別天然記念物にも指定されていますが、これについては他の地域から移されたとの説もあるため、自然のマングローブとしては種子島が北限ともいわれています。マングローブによく似たハマボウの群落がもっとに北にありますが、定着しているといえるほど広がりをもっていません。

伊豆半島では植樹されたメヒルギが定着しています。ここが、定着していることを基準とするならば北限といえるかもしれません。

沖縄本島ではどうでしょうか?

沖縄本島では、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギモドキの4種類の生育が確認されています。ヒルギモドキに関しては島北部にある億首川の河口域でしか見ることはできません。ヤエヤマヒルギとヒルギモドキの2種類は沖縄島が北限とされています。島の北部にある慶佐次、南部の漫湖等にもマングローブ林はあります。

では、石垣島ではどうでしょうか? 

石垣島では、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシ、ヒルギモドキ、マヤプシキの6種類のマングローブの種が確認されています。このうちのマヤプシキは石垣島が北限といわれてます。宮良川河口にあるマングローブが日本最大の広さをもつ、と言われており国指定天然記念物となっています。

 

■石垣島についての基本情報
石垣島への移住
石垣島の日常生活
農業と畜産 気候 地勢 自然
■観光スポット
オヤケアカハチの碑 名蔵アンパル
西表石垣国立公園 川平湾
唐人墓 於茂登岳
野底マーペー 竹富島
石垣島天文台  
海についての知識と情報
白保サンゴ礁 サンゴ礁
マングローブ マンタ
海でのマナー
石垣島を理解する上で・・
琉球王国 泡盛
戦争マラリア  
ネットショッピング通販
稲福の石垣島ネットショップ
石垣島ショッピングプラザ
石垣島ヘルシーバンク
おきなわんもーる
■格安ツアー
石垣島ツアーランド
リポート
子連れ石垣島旅行記
 
 



Copyright (C) Ishigaki-jima.com. All Rights Reserved.

関連
リンク
mangurobu.html