石垣島ナビ 〜沖縄県石垣島の観光・ホテル・ダイビング・ツアー・ショップ・予約・レンタカー等の総合情報〜 Ishigaki-jima.com
石垣島ナビ
HOME ホテル ダイビング ツアー レンタカー ショッピング


野底マーペーについて

石垣島にある観光スポットの中には、「野底マーペー」という、少しユニークな名前のものがあります。

この「野底マーペー」、じつは山の名前で「のそこマーペー」と読みます。

於茂登岳山系に属し、北緯24度29分5秒、東経124度15分2秒の位置にあります。

「野底マーペー」という山は、沖縄県石垣市にあり「野底岳」読み方を「のそこだけ」または「ぬすくだぎ」と、呼ばれています。明治時代の記録には、「ヌスクマヤーヒイ山」と、記載されています。

石垣島は、北部は山が多く、南部には平地が広がっています。この「野底マーペー」は北部に位置しており、西浜川の源流となっています。

「野底マーペー」の頂上付近には、円柱状で垂直にそびえる崖があります。西側から見ると、人の顔に見えることもあります。山は、古第三紀始新世の野底層からなっており、緑色火山岩や溶岩などで形成されています。山全体が、スダジイというブナ科のシイ属の植物の群落に覆われています。スダジイは別名、イタジイ、またはナガジイともいいます。

では、この「マーペー」という名前の由来をたどっていきましょう。

雍正10年、1732年この山の西側の麓に野底村という新しい村が、新城島と黒島から強制的に連れてこられた人々でつくられました。黒島から連れてこられた人々は島を道に沿って二分された一方の人たちでした。その中にマーペーという名前の娘がおり、これが「野底マーペー」の名前の由来とされています。

野底村に連れてこられた彼女は、はなればなれになった恋人のいる黒島を一目見ようと、野底岳に登りました。しかし於茂登岳にさえぎられ黒島を見ることができませんでした。そのため精魂尽き果てた彼女は悲しみのあまり山頂で石となってしまいました。「野底マーペー」にはこういう悲話があるのです。

 

■石垣島についての基本情報
石垣島への移住
石垣島の日常生活
農業と畜産 気候 地勢 自然
■観光スポット
オヤケアカハチの碑 名蔵アンパル
西表石垣国立公園 川平湾
唐人墓 於茂登岳
野底マーペー 竹富島
石垣島天文台  
海についての知識と情報
白保サンゴ礁 サンゴ礁
マングローブ マンタ
海でのマナー
石垣島を理解する上で・・
琉球王国 泡盛
戦争マラリア  
ネットショッピング通販
稲福の石垣島ネットショップ
石垣島ショッピングプラザ
石垣島ヘルシーバンク
おきなわんもーる
■格安ツアー
石垣島ツアーランド
リポート
子連れ石垣島旅行記
 
 



Copyright (C) Ishigaki-jima.com. All Rights Reserved.

関連
リンク
nosoko.html