石垣島ナビ 〜沖縄県石垣島の観光・ホテル・ダイビング・ツアー・ショップ・予約・レンタカー等の総合情報〜 Ishigaki-jima.com
石垣島ナビ
HOME ホテル ダイビング ツアー レンタカー ショッピング


石垣島のサンゴ礁について

石垣島は「白保サンゴ礁」などのサンゴ礁で有名です。

ですが、いざサンゴ礁を説明しろと言われても出来ない・・・そういった人は多いのではないでしょうか?

サンゴ礁は熱帯地方のきれいな海、それも外洋に面した水深の浅い海岸によく形成される地形のひとつで「造礁サンゴ」の集まりによって作られています。造礁サンゴの繁殖には、25〜30℃ほどの水温の海水が適しています。また海水の塩分濃度も高いほうがよく、3〜4%ほどが適しているといわれます。

日本では、南西諸島や伊豆諸島、小笠原諸島など南部の島嶼部でサンゴ礁を見ることができます。サンゴ礁は海水の温度が18℃ほどあれば形成されることがあるため、対馬海峡以南と房総半島以南などの日本本土でも小さな規模なものならばサンゴ礁をみることができます。こういった小さなサンゴ礁も含め、大切に守っていきたい環境ですね。

造礁サンゴの繁殖にはどのような環境が適しているのでしょうか?造礁サンゴの繁殖には、海水温度が25〜30℃ほどで、海水の塩分濃度は3〜4%くらい、水深も浅いほうがよく、深くても30mほどの透明度の高い海域であることが必要でしょう。

サンゴ礁は、太平洋、インド洋、大西洋などの西側に集中してみられます。地球の自転の関係で東側にはあまり見られません。また、河口域に大規模なサンゴ礁はあまり見られません。

造礁サンゴはミドリイシ、ノウサンゴ、キクメイシなど、数百種類あります。イソギンチャクのような、直径1cmにも満たない小さなポリプの集りでできています。サンゴの形が色々あるのは、これらそれぞれのポリプが独自にその形を形成するためなのです。

サンゴ礁近辺の砂浜は、なんとなく白っぽく感じられると思います。これは波で折れたり、魚などにかじられたりした、サンゴの残骸が砂浜の砂に混ざっているためです。砂浜の砂にはサンゴの残骸以外にも、貝類やウニなど多くの生物の死骸などが堆積しています。

このようにサンゴ礁近辺の砂浜には、もともと生物だったものが多く混ざっているのです。そのため、砂浜の砂の多くが石灰質です。「ビーチロック」という言葉があります。 これは、砂に混ざった石灰質の一部が溶けて、砂の小さな粒を含んだまま再び硬い岩石のように固まったものです。

このようにサンゴ礁というのは、自然の生物の営みが長い時間をかけて生まれたものなのです。そうやってできた石灰岩の広い岩盤がサンゴ礁で、ときには地形を変えてしまうほどのものとなります。

石垣島では、グラスボートという美しいサンゴ礁を楽しむことのできるレジャーもありますよ。

 

■石垣島についての基本情報
石垣島への移住
石垣島の日常生活
農業と畜産 気候 地勢 自然
■観光スポット
オヤケアカハチの碑 名蔵アンパル
西表石垣国立公園 川平湾
唐人墓 於茂登岳
野底マーペー 竹富島
石垣島天文台  
海についての知識と情報
白保サンゴ礁 サンゴ礁
マングローブ マンタ
海でのマナー
石垣島を理解する上で・・
琉球王国 泡盛
戦争マラリア  
ネットショッピング通販
稲福の石垣島ネットショップ
石垣島ショッピングプラザ
石垣島ヘルシーバンク
おきなわんもーる
■格安ツアー
石垣島ツアーランド
リポート
子連れ石垣島旅行記
 
 



Copyright (C) Ishigaki-jima.com. All Rights Reserved.

関連
リンク
sango.html